VOL.3 ”地獄の六畳スタジオ!OOO!!"の巻 


Hello.

The other day, I was impressed by the miscellaneousness of walking downtown Sendai.
Somehow, sorry about that.
Manners, taverns, cultures, styles, strangers, locals, all, everything girlfriend.
I was deeply impressed by its variety and generosity.

That's why I came to Kabukicho.

Unification of steel walls.

こんにわ。

先日、仙台の繁華街を歩いてその"雑多さ"に感動しました。
なんっつーか、ごちゃまぜ。
風俗も居酒屋も文化もスタイルもヨソモン、ジモティー、ぜーんぶ、全部ごちゃまぜ。
その多様さと寛容さに胸をうたれました。

んで、歌舞伎町にやってきたわけです。

鉄壁の統一感。

歌舞伎町の一角


I was made to appear at Tokyo festival "OOO" in Angra.
The venue is well-established, Shinjuku JAM.
I do not have a house that lives more than this.
As much as I think, air conditioner breaks down what it says. I thought I was going to die.

東京アングラの祭典"OOO"に出演させてもらいました。
会場は老舗、新宿JAM。
これ以上にライブハウスしているハウスはないんじゃねーのか?
っと思えるぐらい、なんつーか、エアコンが故障します。死ぬかと思った。

新宿JAM


アクの強いアーティストのアクの強いお客さん





We can still do it?

俺たちまだまだいけるよな?




  



    ×  






oreryu